卸売市場の役目

私たちの食生活に欠くことの出来ない新鮮な魚・野菜・果物などの生鮮食料品は、一般の商品と違って

  1. 鮮度が低下しやすく、長期の貯蔵が難しい。
  2. 天候に左右されやすく、計画生産ができない。
  3. 生産状況により価格が一定しない。

など、この特殊性から放任すると無用の競争や、不明朗な取引が行われやすく、生産者も消費者も大変迷惑を受けることになります。

そこで生産と流通の円滑化をはかり、全国各地からの生鮮食料品を集め、衛生的に鮮度を保持し、公正かつ合理的な取引をして、地域住民の食生活安定供給と向上をはかるために地方公共団体(苫小牧市)が苫小牧市公設地方卸売市場を開設いたしました。

卸売市場の機構

開設者(苫小牧市)
北海道知事の許可を受けて卸売市場を開設し、業務条例を定めて市場の運営と施設の管理及び取引が公正に行われるよう指導監督をします。
卸売業者
北海道知事の許可を受けて出荷者から販売の委託、又は買付した品目をセリ売り等により買受人に卸売する会社で一定の手数料を出荷者から受けて営業しています。
買受人
市長からの承認を受けて卸売業者からセリ売り等に参加して品物を買い取り消費者に小売します。
附属営業人
市長の許可を受けて市場利用者の便宜をはかるために飲食日用雑貨の販売をします。

卸売市場の一日

 

入荷・配列
全国各地より到着した品物が荷受検収され場内配列しセリ売りなどの準備をします。
下見
買受人は販売開始前にその日に買う品物を下見して価格・数量の予想をたてセリにのぞみます。
販売
セリ開始の電鈴と同時にセリ人が買受人を相手に品物を売り捌いて行きます。